忍者ブログ

琥珀の残像

Mike Ehrmantraut



大病すると、なかなか体力が戻らない。

ま、死ななかっただけ、ありがたいと思わねば。




テレビドラマ「ブレイキングバッド」のスピンオフ「ベターコールソウル」

も、第2章までしか観ていない。

どうも「華がなさすぎる」のか殺伐としすぎているのか、

日本では、いまいちウケていないようで、

(同じ会社のウォ―キングデッドは出てるの?観てないけど)

ソニーピクチャーズ(だっけ)の判断で、第3章からは円盤無、になったみたい。

要するに、オンライン有料鑑賞(?)のみ。

ま、観れないよりは全然いいけど。


この貼りつけた動画の中で、自分なりに1位をつけるなら、

やはり、警官を二人射殺するシーン。

(ここからネタバレなので、これから観ようという方は要注意!)




何とも言えない悲しいシーンなんですよね。

親子2代で警察官だった、自分の息子の復讐なんだけど、

警察の汚職(たしかマフィアからの賄賂)が我慢できなかったこのマイクの実直な息子が、

上司に同僚の汚職を告発しようとしたら、謀殺されたんですよ、この二人の汚職警官に。

色々調べてそれを知ったこのマイク爺さんが、

息子の復讐をやっと遂げるというシーンなんです。


細部に至る演出(泥酔したふり、事前に二人の乗るパトカーの後部座席の隙間に、

拳銃を隠すなど)が、非常にリアリティーをもっており、

このヴィンス・ギリガンという監督は、本当に素晴らしい。天才だと思う。


この事件がきっかけとなり、犯行を怪しまれたマイクは、きっぱり警察を辞めて、

遠い地で、死んだ息子の嫁と孫の面倒を見つつ、再出発をはかろうとするのですが・・・。



こんな落書きブログでも、あんまり書かない期間が長いと、勘が鈍るね。

まあとにかく、健康に留意しつつ、いろいろ頑張っていこうと思います。

















PR